クオリティ・オブ・ライフの権利

医療の発展・進歩によって人間の平均寿命は年々延びる傾向にありますが、寿命が延びる事だけに注目するのではなく患者の生活の質向上を念頭に掲げたクオリティ・オブ・ライフ活動は延命治療においても尊厳ある死を受け入れるかどうか選択する権利を謳っています。癌など進行性の疾患や呼吸器障害・脳血管障害などで余命宣告されている場合に副作用などが激しくなる治療を受け入れるか・緩和治療を選択するかでクオリティ・オブ・ライフの言葉が使われる事が多いです。周囲で色々と人間らしさについて難しく考えるよりも当事者がどうしたら幸せになれるか・理想とする生き方が出来るか援助・補助出来ればベストですが経済的に負担が重いケースもあり、介護保険・年金制度など公的補助を利用してお財布事情に関係なく生活の質を維持します。医療においては予後のクオリティ・オブ・ライフも重要なキーポイントで、歩行などリハビリで改善できるのか車椅子生活を維持するのかでも問題提議されますが、一番の問題は就業問題で身体的な不便で以前の仕事に戻れるのか新しく就職活動を行うのかなど生き甲斐の観点でも問題提議されます。予後が良好でも生き甲斐を失っては精神的負担が強まりうつ病などを発症するケースもありますので、現在の就業環境などを予め考慮して重病になり長期休暇を取得した場合や気軽に相談できる環境か確認しておくと不安を払拭出来ます。環境が整っていなくても保険に加入したり事前に準備しておけば心配要りません。人生の質を重要視している方はこちらのサイト【「クオリティ・オブ・ライフ」を求めて】を参照してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です